手厚い手入れで故障を回避!機械式時計で最も注意すべきは衝撃

機械式時計に対する認識不足が故障を招く

昨今腕時計も技術が向上したため、強化防水や耐衝撃性に優れたものがたくさん出回るようになりました。腕時計をする人の中で、最早何かアクションを起こす度に時計を外すという意識を持っている人は少ないと言えるでしょう。しかし、こうした頑丈な腕時計に意識を引きずられて、機械式時計も同様に使用していると故障を招くことがあります。水や磁気など注意すべき点は多くありますが、最も意識が向かない機械式時計の故障の原因は衝撃だと言えます。

複雑でデリケートな機械式時計は極端に衝撃に弱い

よくよく思いをはせてみれば、機械式時計は微細な歯車やゼンマイ、それを繋ぐ心棒などによって構成されており、軽い衝撃でもそれらの部品がずれてしまうということは容易に想像がつくことでしょう。機械式時計を身につけてマラソンやゴルフをしたため故障してしまったという事例は、多々聞くことができると思います。機械式時計は構造上とにかく衝撃に弱いという意識を常に持ち、体を激しく動かす際には外すように心がけたり、地面に落とすことがないようにして、手厚く手入れしておくようにしなければなりません。

丁寧で確実な操作が機械式時計を長持ちさせる

機械式時計の故障でよく聞くのが、プッシュボタンの不具合です。そもそもプッシュボタンを押した際の力を伝達する心棒は、わずか0.01~0.03ミリ程度しかありません。強く押し込んだり何度も押したりすると簡単に曲がってしまい、操作不能になってしまいます。機械式時計にはこうした微小な部品が詰まった精密機械ですので、日々の手入れと丁寧で確実な操作が求められるのです。一方でこれらを怠らなければ、機械式時計はクオーツ式などとは比較にならないほど長く使い続けることができます。

グランドセイコーは世界的に名高いブランド品ですから、売却を希望している場合には、高額買取を実現することができます。